みんなのライフハックジャンキー

30代OLの平凡な毎日の生活から生み出すお役立ち情報

いい女のしぐさ~あなたの印象を変える63の方法~を読んでリスペクトを大切にしたいと思う!

どうも。かほです!!
相手からみた自分の印象って気になりませんか?
出会って次に会いたいかは、会話の中身よりも印象がよいかどうかで、決めることが多いと思います。
悪かった場合、本当は素敵な一面を持っているかもしれないとは、相手がとてもいい人でない限りそこまでは思わないのが一般的だと思います。
ただ、印象を変えるといっても、どうしてよいかわからない。そんな時にお役立ちするのがこの本『いい女のしぐさ』(中谷彰宏/大和書房)です。

自分をどう変えたらいいのか?

いい出会いをつくりたいが、なかなかうまくいかない時期がありました。出会って連絡先交換をしても、次につながらない

そんなことが多く続きました。そんな時に、私は人からどう見えているのかを、はっきり言ってくれる友人に力を借りました。

人から見た私の第一印象は主にこんな感じでした。

「まじめそう」「落ち着いた感じ」「和服が似合いそう」などです。

悪くはないかなと思います。しかし、

よく友人には「男らしいね」と言われます。

第一印象とギャップがある感じがしました。性格が男らしく、決断力やリーダーシップがあるという意味ならよいですが、見た目の印象、「しぐさ」でそう思われているとしたら、まずいなと思いました。

男らしい=雑な人と見られているのかもしれないと思いました。

そんな時に役立ったのが、中谷さんの「あなたの印象を変える63の方法」です。

f:id:y-kaho01:20190211203832j:image

どこを見るかで変わる!!

具体的な例と方法が63種類も書かれており、すぐに意識をすれば変えられるものが多いです。まず私が衝撃的だったのは、人と出会うときにどこを見ていたかに気づかされたことです。

「いい女はカッコいいしぐさの人を見ている。」「ダサいしぐさの人を見て、勝ち誇らない」と書かれていたのです。

どこか残念な人に目を向けがちであったり、人を減点方式で見ていたり、よく考えたら結構ひどいことをしてました。

いいところやマネしたいしぐさで、行動にアンテナを張っておこうと反省しました。

 

世間は教えてくれない。自分で気づく

f:id:y-kaho01:20190314103619j:plain

この本は、本音ベースで書かれていると思います。私は直接に言われたとしたら、痛いなと思うところをついてきています。

世間の人は、この人嫌だな、雑だな、ちょっとな、と思っても直接フィードバックをしてくれることはありません。そして「雑」というのはちょっと厄介で、

恋愛だけでなく仕事にも影響があるということが分かりました。

頼まれごとをしたときに、どんな仕事をしているか?資料を印刷してキレイに整えて置いているのか、心遣いがつたわるようなしぐさをしているのか、

雑だと思われた瞬間に頼まれごとはしなくなるのです。

そういう場面に出会った時は、「あの子が可愛いから、美人だから、お気に入りだから」と片付けるのではなく、自分の行動を見直した方がよいということを学びました。

まとめ

具体的な方法や日常生活でありそうな場面をもとに書かれているので、すごく本に入りやすいです。

自分を変えたいと思ったときに、どこに合わせたらいいのか分からないので、本で知識を得ることが大事だと思いました。

しぐさはリスペクトから生まれる

この言葉が最後に印象に残りました。私が人間関係において大事にしたいのは、尊敬、リスペクトです。

それが素直に伝わるような人になりたいと思います。私自身もこの本のことを実践して魅力的な人になっていきます。

ぜひ魅力的な女性になりたい方は手に取ってみてはいかがでしょうか。