素直になるぶろぐ

自分に素直に!30代女子の小さな挑戦と模索の日々

これを知ると見方が変わる!?400メートルリレーのバトンパス

f:id:y-kaho01:20190511234834j:image

かほです♪♪

陸上世界リレーで男子400メートルリレーがバトンミスで失格というニュースが入ってきました。

私は中・高と陸上部だったので陸上を見るのが好きなんですが、今回は残念です。
mainichi.jp

リレーにおいてバトンパスはとっても重要です!

2016年リオ五輪では銀メダルを獲得したことは記憶にある人も多いと思いますが、その時も言われていたのが、日本チームのバトンパス技術の高さです!

4人のベスト記録を単純に足した秒数で比べると、個々の能力は他の国に比べてそれほど高くないです。

それがバトンパスをうまくやることによって、時間短縮が可能になり、世界で戦えるようになるのがリレーの面白いところなんです。

 

中学校時代は陸上の強豪校だったため、バトンパスにもすごく力を入れていました!

動画を見てわかったのですが、やり方は日本代表のリレーチームと同じ方法だったのです。

これはお互いの信頼関係が試されるパスの方法なんですが、説明が難しいのでへたくそですが図を書いてみました!

f:id:y-kaho01:20190511233851j:image

攻めのバトンパスと言われますが、「阿吽の呼吸」という言葉がぴったりな気がします。

走者はいかに早くトップスピードで走れるかが大事になってきます。

バトンパスはその加速を邪魔しないように最小限の労力でパスされることが求められるのです。

前にいる走者が腕を後ろに振った瞬間に、後ろの走者が手に収まるように「下から差し入れる」のです。

もちろん後ろを向いたりなどせず、相手を信頼して走りながらバトンパスをしています。

見ている方は簡単にやっているように、見えてしまいますが難しいことに変わりはありません。

今回は失敗がありましたが、ぜひ次回は頑張って欲しいと思います!!