素直になるぶろぐ

自分に素直に!30代女子の小さな挑戦と模索の日々

クラウドファンデングでリハビリ分野に関わる!

f:id:y-kaho01:20190511131549j:image

かほです♪♪

理学療法士という職業はご存知でしょうか?

ざっくり言うと医療や介護、福祉の分野で、リハビリを提供するお仕事です◎

私は約4年前まで、理学療法士として働いていました。

訳あって辞めたわけですが、ステキな仕事だし応援もしたいと心の底では思っていました!

そんな時こんなニュースを発見!!

クラウドファンディングで、理学療法士が活動されています。

安価な徒手筋力計(としゅきんりょくけい)の開発をし量産するための資金を得るためです。

理学療法士が開発したというのが驚きととてもいいことだなと思いました。

現場で活躍している理学療法士だからこその感覚が反映されていると思います♪

そもそも徒手筋力計とは?

徒手筋力計ってあまり馴染みがない言葉ですよね?

理学療法士は筋力を測定するのに、手の感覚と動かした時の見た目の情報から判断しています。

理学療法士から見たら、筋力アップしたこと、改善していることは分かるのですが、なかなか相手に伝わりづらいし、評価の基準が個人に委ねられてしまうという課題がありました!

徒手筋力計は、今までもありましたが、大学病院レベルにならないと置いてないのが現実です。

クラウドファンディング初体験!

今回、クラウドファンディングで安価な徒手筋力計の資金を集めていることを知り、その思いに共感をしました!

初めてクラウドファンディングをやったのですが、手続きはとっても簡単。

必要な事項を入力して、決済方法もクレジットカード、コンビニ、銀行振込、キャリア決済などから選べて5分程度で完了できます♪

 

こういった形でリハビリ分野を応援できて、すごくいいなと思いました♪

興味のある方はぜひ、こちらもチェックしてみてください◎