みんなのライフハックジャンキー

30代OLの平凡な毎日の生活から生み出すお役立ち情報

転職失敗から学んだ仕事のミスマッチを防ぐ3つの選択基準

f:id:y-kaho01:20190330112155j:image

こんにちは。かほです!

勇気を出して転職するぞ!!と決意し、その次に考えるのが、

次はどんな職場で、どんな職業にしようか?

というところですよね!!

私は理学療法士から派遣で営業職になりましたが、後悔した経験があります。

仕事を選択する基準をもう少し持っておけばよかった!!と。

30歳すぎてから、異業種へ転職したこともあり、今までの積み上げが、逆に邪魔してるな~ということも感じたので、今回は仕事を選ぶ基準について、今後のためにまとめてみました!

気合と根性だけでは乗り越えられなかった失敗談!

私が30歳の時に転職した先は、インターネットの広告媒体を営業する仕事だったんですが、

転職をしたタイミングが6月だったこともあり、4月から働いている人より2ヵ月遅れでスタートすることになりました!

やるべきことは明確で、ネット広告を掲載しているお客様へ、集客をアップさせるために広告媒体のスペックを上げるので、料金プランが変りますという案内をし、新プランでご契約いただくという内容でした。

要は「値上げ」の話をしに行ってました〜!

これが結構ハードで、お客様の反発もありありだったんですよ。

しかも!しかもです!!

4月からの入社の人たちは、約2ヵ月ほど勉強し準備できる期間があったのに、

私は約3週間で同じことをできるようにするというタフな状況で、みんなと同じ件数のお客様を持たされました汗。

それはないよ。。。ほんとに。

約80件近くのお客様を直接訪問して、1件1件新プランの説明と契約書の回収をしている中で、

新プランをへの移行を渋られたり、怒られたり、解約などがあったり、毎日のようにつまづいてました。

さらに追い討ちをかけたのが、

「全国営業ランキング!!」

これがほぼ毎日のように全体に流れ、下から数えたほうが早いという位置にいました。

さらに、慣れなかったのが一緒に働く仲間です。

扱っていた広告媒体の影響もありますが、24、5歳くらいのファッションや美容に興味のある女性たちが圧倒的に多く 

今まで一緒に働いていた仲間と全く違う雰囲気に圧倒されっぱなし!!

環境への不慣れさや相談できる人が社内におらず、結果的にストレスで食事が食べれなくなってしまいました。

当時の体重は、身長が160センチに対して40kgを切りそうに。

まわりの友人からはいつも「大丈夫?顔色悪いよ」とか、「顔が疲れている」「また痩せた?」など、かなり心配されました。

もともと体育会系の私は気合と根性で乗り切ろうと頑張っていましたが、この職場は最終的に10ヵ月間働いたのち辞めることにしました。

転職ミスマッチの理由は人間関係が大きい!!

f:id:y-kaho01:20190330112256j:image

上記は私の体験ですが、転職後ミスマッチをした!!と感じた人たちの理由を調査した結果によると

「人間関係(53%)」

「労働環境(47%)」

「待遇(46%)」

となっています。

転職ミスマッチはなぜ起こる?三大理由に見る各世代のホンネ - 転職会議レポート

めっちゃわかる~~~!!このアンケートに参加された方たちにぜひ会いたいくらいです笑。

経験ある人は共感できる内容ではないでしょうか?

やはり、一緒に働く人との関係は大事ですよね!!お互いに切磋琢磨できるようであれば最高です。そして、労働環境も大事!理想はのびのびと仕事ができるのが一番いいな~。

では、仕事を選ぶときにどういう基準で選んだ方がよいのか?次の項目で私が体験したことをもとに考察してみました!

仕事選択の3つの基準

f:id:y-kaho01:20190330112400j:image

仕事を選ぶ基準として、次の派遣先を選ぶときに、以下の観点を取り入れました!

①一緒に働く人の世代を選択

何をやるかというより、どんな人と働くか?というのがすごく大事だと体感。周りと自分を比較してしまうことが多くいつも凹んでいました。

 自分より若い世代のエネルギーに圧倒されてしまい、萎縮してしまったのが原因です!

 仕事ができる20代の人も多かったので、私は今まで何をやってきたのだろう、、、なんて考えたことも。

仕事に年齢は関係ないとも思うのですが、異業種へ転職する場合は年下が多い職場よりも、年上の先輩が多いところを選択すれば、周りより仕事ができなくても、自分をもっと受け入れられただろうなと思います。私プライド高いのかもですね笑

ポイント①
自分ができないことを受け入れやすい環境を選ぶ
 

②チーム戦を選択

私が最初働いたところでは、個人の成績がランキングとなり全国の営業に公表されていました。

完全に個人勝負の世界。

クレームの対処も、未入金の対応も全部やっていました。

本当に頼れる存在がいない、、、

 最初は分からないことも多いので、周りに聞きながら解決して進めることが多くなると思います。最初からチームで仕事をしていれば、一緒に解決しながら進むことができます!!

 チームでお互いにフォローをしながら仕事を進めるのが基本です。

そうなると、自分の得意分野を伸ばしいくことで、役に立つ存在なることができます。

ポイント②
チームでやる仕事を選ぶ 
 

③長期的スパンで結果を求めらる職場を選択

30代からの転職で大事なポイントです! 

柔軟性のある20代と違い、私の場合は新しいことに対して順応するのに時間がかかってしまいました。 

すぐに結果を出さなければというスピード感についていけなかった。。。

結構大きな要因でした!

法人営業で大きい金額の案件だと年単位で継続提案していくようなもののあります。そうすると、長期的な観点で結果を求められことになるので、少しずつ仕事に慣れていくことがきます。

見ポイント③
どのくらいの期間で結果を出さなくてはいけないのか見極める
 

まとめ

失敗談を聞くと転職どうしようかな?と思う人もいるかもしれませんが、

選択する基準となる目をしっかり持てば、ミスマッチは防げるはずです!

 今はその時の失敗をネタにして、笑って話せるレベルになっています。あのころは相当、病んでいたので、老けていたようなのですが、

最近は体重も戻り若返ったと言われるようになりました。結果いい経験と言えますが、しなくてよい苦労はしないほうがいいなとも思います!