素直になるぶろぐ

自分に素直に!30代女子の小さな挑戦と模索の日々

ダブルワークが増えてきている?過去に経験したバイト体験記

どうも。かほです!!

ダブルワークをしている人、最近増えてきてるみたいですね!!

私の初めてのバイト経験は某牛丼チェーン店でした。学生時代はこれを中心として、いくつかバイトを掛け持ちしていました。

実は今の時代、ダブルワークをしている人も多くなってきています。厚生労働省でも「副業・兼業に関するガイドラインを平成30年1月に作成してます!

私の周りでもダブルワークをして、資金をためている友人がいます。

やっている内容は人それぞれで、学生時代の経験で飲食系をやる人もいれば、空いた時間をうまく活用したいということで、短期のバイト(1日のみ)を組み合わせている人もいます。

そこで今回は過去のバイト経験から、メリット、デメリットについて書いていきます。

牛丼チェーン店

あえて名前は出しませんが、牛丼以外のメニューも豊富な店舗でした。ここで学生時代の4年間をすごしたと言っても過言ではないくらい、バイトに打ち込んでいました。

メリット

・マニュアルや作業のフローが明確

・時給アップの基準が明確

・チームワークが磨ける

デメリット

・知合いにばれる可能性がある

・外国人労働者も多く、日本人のバイトは時間帯責任者になりやすい

・深夜勤務は体力を使う

居酒屋チェーン店(調理場)

f:id:y-kaho01:20190223173818j:image

学生時代に牛丼チェーン店とかけもちしていた居酒屋バイトです。ホールではなく調理場で働いてました。調理場といっても、カウンター席から見えるスタイルなので、常連さんとコミュニケーションを少し取りながら、仕事をするスタイルです。

メリット

・将来飲食店はやる場合のシュミレーションができる。

・料理のレシピやドリンクの種類を覚えるチャンスがある。

・経営ノウハウを学べるチャンスも

デメリット

・知り合いにバレる可能性がある

・深夜勤務は体力を使う

経営のノウハウを学べるチャンスというのは、飲食チェーン店では将来独立する人を応援するために、研修を準備している会社があります。

当時学生のときに社員さんに聞いたのは、研修があり将来フランチャイズや0から1でお店を立ち上げるための、経営的なことを学ぶ機会があるとのことでした。

バイトで研修を受けられるわけではないですが、社員さんと仲良くなって生の情報を得るのも一つの手だと思います。

イベント設営

f:id:y-kaho01:20190223173859j:image

イベントの裏側に興味を持ったことがあり、カウントダウンイベントや、企業の展示会など、会場の設営のお仕事です。男性や外国人労働者も多いですが、3割くらいは女性ました。

メリット

・裏側なので基本的にバレない

・イベントの裏側を知れて面白い

・日払い、週払いが可能

デメリット

・力仕事のため体力を使う

・けがの危険性がある

ヘルメット、安全靴を着用する職場です。私はけがをしたことはありませんが、けがに注意が必要な職場です。また、重いものを運ぶことも多いので、毎回、筋肉痛になっていました。

イベントがどのように成り立っているのか、全体像を把握するのにはすごく勉強になります。これだけの人が関わってるのかという驚きがありました。自分でイベントをやってみたいという方は、オススメのバイトです。

短期バイトシリーズ

1日~のバイトは様々な現場があります。食品工場から衣料品まで様々です。色々な業界を除くことができるのが面白みの一つかもしれません。

メリット

・様々な業界を見ることができる

・裏側の作業のため基本的にバレない

・日払い、週払いOKのところも

デメリット

・現場のあたり、はずれの差が大きい

・単純作業で飽きる場合がある

色々な業界が見れる分、あたりはずれが多い印象があります。過去にはこんな現場にいったことがあります。

流通系

流れてくる荷物の仕分け作業です。これは目が疲れる作業です。社員さんからも、疲れにくいコツと、気分が悪くなったらすぐに声かけるように言われました。ネットで頼んだらすぐに荷物が届く時代ですが、この作業をやるとありがたみが増します。

アパレル系

f:id:y-kaho01:20190223173912j:image

この現場はいろいろな作業があります。畳んで透明な袋に入れる作業、値付け作業、検品作業などです。印象的だったのは、バイヤーが買い付けてきたインポートの服の検品作業です。すべて開封をして、金属チェックをしたり、使われている繊維が指定のものか?など色々チェックする項目があります。行程がとにかく多いので、高い値段になるのも納得だなと体感しました。

印刷、出版系

印刷工場でのバイトが一番きつかったです。印刷工場だからというわけでなく、指揮系統の問題だと思いますが、作業効率が悪かったり、指示が不明確、おまけにお局さん的なお姉様がものすごく怖かったです。ここはもう2度と行きたくない、はずれのバイトす。

食品工場系

魅力は帰りにお土産がもらえる可能性があることです。単純作業が多く飽きてしまうこともあります。何かをひたすら伸ばす、ひたすら配る、ひたすら置くなど。機械の一部になったようなイメージです。冷凍庫の内の作業がある場合は、防寒着もありますが、結構きついことが多いので覚悟した方がよいです。

稼ぐ力を身につけていく

f:id:y-kaho01:20190221201529j:plain

ダブルワークをするときに、2つの目的があると思います。

資金をためるため

経験を積むため

資金をためる要素が強いのであれば、多少きつくても時給の高いところを選べばよいと思います。経験というところでは、特にやりたいことが無いなと思っている人はバイトで、色々な業界の裏側を見ていくというのも一つの手かもしれません。

遠回りかもしれませんが、色々な業界を見ることができたので、

なぜこれがこの値段になるのか?

という観点が鍛えられたように感じます。自分が思っている以上に人の稼働がかかているので、そういう社会勉強にもなります。

それと、体力勝負は30、40代までかなと思うところもあるので、私自身ブログをこうやって書いているのもそうですが、体力勝負ではないところで、稼ぐ力をつけていきたいと思います!!